事前登録していた「仮面の勇者」が、今日からiOS版の配信スタートしたみたいなので、とりあえず落として遊んでみました。

このゲームね、副題が「心の迷宮RPG」。

正直、どんなゲームか理解してなかったんだけど

「昔からあるRPGの冒険館や物語をしっかり楽しめる」

「エンディングがあり、ゲームを終わらせた感が味わえる」


という文句に惹かれて、とりあえず事前登録してたのよね。

なんか制作スタッフも豪華らしい。そこはよく知らないけど。

さてさて、では仮面の勇者のプレイスタート!

起動時の初回ダウンロードは1~2分で終了とスピーディ。

待っている間にも、勇者の引きこもりレベル高そうな呟きが続きますw

IMG_1787

ロード完了後は、名前をつける。

これは勇者の名前ではなくて、勇者を指導する指南役の名前って設定。

このゲームでは、プレイヤー=引きこもり勇者を一人前に育てる指南役、なのです。

そして物語が開始。

0190f4d5ee7204f5fdb4ea9602195b8c73c05391ba

勇者の家系である、とあるやんごとなきお方から、プレイヤーである指南役に手紙が届くところから物語は始まります。

手紙の主の息子、勇者の子孫であるアレックスくんは、勇者の儀式を行わなければいけないのに、重度の引きこもり。

お願い先生!うちの息子を勇者にしてー!

というのが手紙の要約。

引きこもりぼっちの独身OLとしては、なかなか親近感を持てるキャラクターのようです( -д-)

これがホーム画面で、赤いシルクハットをかぶっているのがプレイヤーである指南役。

ゲームはクエスト式で進行するみたい。

017581f4a5ef26f9ff207a2a81bf184a28ccca4500

最初のクエスト名は‥「廊下を歩いてみる」。

レベル低いw


クエスト画面はこんな感じ。これは勇者(候補)アレックスの心の迷宮を表しているのだそうな。

01ef1e2d9ec59d0703363d7496c922d448afa1c6d1

下の光っているところが迷宮の出口。

指南役キャラクターを起点に一筆書きで10ブロック以内をつないで、この出口まで指南役を移動させるという簡単なパズル。

画面内にある剣のアイコンは勇者の潜在能力。

このアイコンを消費して戦闘するので、できるだけたくさん集められるように動きましょう。

時間制限はなく、10ブロック以内で、光る出口とキャラクターをつなぎ、出口で指を話せばゲームが進行。

10以上なぞったり、光ってる出口以外のところで指を離しても進めません。

最初それを理解してなくて、なにこれ進めねーよ!(ノ`Д´)ノってなりましたが、単なる私の理解不足でした。

クエスト途中では勇者が敵に遭遇して、戦闘画面になります。

画面丈夫に33、0、0、0と数字が並んでるけど、これはパズルモードで集めたアイコンの数。

このアイコンを消費して攻撃や防御を行い、敵を倒します。

0162e8a61467cc73ccd2ee94f9c2b3f9e705862927

こうして、すべての敵を倒し、心の迷宮を最後まで抜ければクエストクリア。

0136589a460a2505b3fe54968b7ab0cf8bcb95696e

クエストクリア後には、勇者のやる気ない一言もw

全体的に優しい雰囲気で、音楽は昔のスーファミみたい。

なんとなく懐かしさというか、ノスタルジックな空気を持ってるゲームです。

キャラクターのセリフやクエスト名など、あちこちにちょっぴり洒落が効いて、かつ肩の力が抜けてる感じは、ファミコン版MOTHERをチラッと思い出させられました。

あ、あとプレステゲームのMOONを思い出したわ。

若い人は知らないだろうけど、独特のシュールでカオスな世界観が素敵な、見た目は可愛いファンタジーゲーム。

あっちの勇者は暴虐武人だったけど、こっちの勇者は引きこもり~( -д-)

スーファミ全盛期を体験してるオールドゲーマーは、プレイするとちょっぴり懐かしい気持ちにさせられるはず。

最初のクエストをプレイしただけなので、すごい面白いかって言われるとまだわかんないけど…

今日から数日、プレイしてみます(´∀`*)
スポンサードリンク